房総ドイツ村日帰りツアーレポートー東京サロン会(東京を歩く会)

GO TOキャンペーンを利用し、濃溝(のうみぞ)の滝と東京ドイツ村のイルミネーションをメインに、ランチのお寿司と焼き貝食べ放題が付いた日帰りバスツアーが行なわれました。バスは大型の貸切りバスにメンバー23名参加なので、三蜜を避け、二座席に一人と悠々座れました。

新宿西口に10時半集合。皆さんは元気いっぱい、気力充実で新宿を出発し、東京湾海底トンネルを抜けて、今はアクアラインのパーキングエリア「海ほたる」でトイレ休憩中です。

このご時世で、バスの車内一切飲み食い禁止との注意があり。ひたすらランチの食べ放題を楽しみに館山の食事処「たてやま」に向かいました。今日のコースはAM10:30〜8:30PMで、GO TOキャンペーンを使用して7200円(地域クーポン2000円付き)のツアーでしたが、お食事もお値段の割には良心的でした。最初のセットにお寿司が5貫.生牡蠣と蛤が焼く様に2個ずつついており、まずそれで腹ごしらえ、その後は食べ放題に入れます。食べ放題メニューは、寿司15種類、焼き貝は.牡蠣と蛤(小さめ)。フルーツは、マンゴ.パイン.ミカン.ブルーベリー.ライチが用意され、無くなるとすぐに補充されてきます。

ランチタイムを終了し、バスで小泉酒造に向かいました。(ここでは、地域クーポンを使用完了するために、お土産買いと試飲🍶に走り、写真を撮る余裕なし🤣)地酒東魁盛(とうかいさかり)の大吟醸酒、純米酒、にごり酒を試飲。あまりにも小さいプラスチックの器だったので飲んだ気がしない。最後に甘酒を小さな紙コップに半分いただいてシャンシャンで終わり。

15:40スケジュール通りハートのインスタ映えで有名な亀岩の洞窟と濃溝の滝の散策。ここのインスタ映えの写真のタイミングは朝日が当たる時間帯のみということで残念。それでも階段を下りて人気のない川沿いの木道を歩くと何となく元気を頂けるパワーを感じるような気がしました。

春から秋にかけての早朝には右下のようなインスタ映えする景色が見られるという。 今回は残念!

バスに乗ること約1時間、一路ドイツ村へ。到着した時はもう真っ暗でした。

15:15にドイツ村に到着。最初の予定ではドイツ村の散策時間は1時間50分を予定していたが、夜は寒くて冷え込むということなので1時間10分に短縮して18時25分集合ということで自由行動となった。例年より縮小されているとはいえ大変見事なイルミネーションの会場でした。丘の斜面を利用して造られているので高いところから見るほうが立体感があるということだったので、まず有志で一回り9分の観覧車(500円)に乗りました。



観覧車を降り、イルミネーションのトンネルを通って反対側の芝桜のある展望台からイルミネーションの全景を眺めました。


スーベニアショップに立ち寄ってから6時25分に集合場所に集まり、バスで帰途につきました。スケジュールを40分早めたにもかかわらず、夕方に発生したアクアライン内の事故処理渋滞に巻き込まれて新宿西口に到着したのは当初予定の20時30分が21時となりました。
昼間は風もなく、穏やかな陽射しの中、東京サロン会の幹事さんのおかげで楽しい1日が過ごせましたことに感謝しています。

 

+6
タイトルとURLをコピーしました