未分類

オリンピック飛行雲 ミスターX

by Cocoon 本日:3週:45月:45全体:45
未分類

TAVI体験記 篠崎春彦

大動脈弁置換手術(TAVI)体験近年、生活習慣の欧米化に伴う虚血性心疾患(心筋梗塞や狭心症など)の増加や高齢化による高血圧や弁膜症の増加などにより、心不全の患者が急増している。心不全は、さまざまな心疾患がたどる終末像であり、高齢者がもっとも気をつけなくてはいけない心臓のトラブルの一つでもある。罹患者数は全国で約120万人、2030年には130万人に達すると推計されている。がんの罹患者数が約100万人だから、心不全の患者がいかに多いかが分かる。1980年以降、高齢化の一途をたどるわが国では、近未来的に患者数の増加が続くと予想されている。こうした状況を、感染症患者の爆発的な広がりになぞらえて「心...
by Cocoon 本日:1週:16月:95全体:95
未分類

富士山とさくら・花  佐藤三郎

日本の象徴 富士山とさくら・花を追いかけて2021年5月 撮影:佐藤三郎 編集:相田達雄
by Cocoon 本日:0週:4月:21全体:108
ヨーロッパ&東欧・中近東

パキスタン旅行-その2  篠崎春彦

 パキスタン旅行その2 「フンザ周辺探訪・長谷川スクール訪問」 新型コロナ感染により大勢の人が亡くなっている。最近では変異株の拡大などにより、深刻さはさらに深まっている。感染拡大を食い止めるため、最後の切り札としてワクチン接種が急がれているものの、その対応は各市町村によってまちまちである。町長の“抜け駆け”接種がメディアで批判されているが、町長職は余人をもって代えがたい人物である。優先接種に目くじらを立てるほどではなかろう。 わが町では85歳以上の高齢者から接種がはじまっているものの、その他の高齢者には接種のお知らせすらこない。隣町の高齢者はすでに一回目の接種...
by Cocoon 本日:0週:3月:12全体:112
ヨーロッパ&東欧・中近東

パキスタン旅行その1 篠崎春彦

パキスタン旅行-その1(4、733mクンジェラブ峠越え)  本年4月、米国と欧州連合(EU)、英国、カナダは中国の新疆ウイグル自治区での人権弾圧に抗議して対中制裁を発動した。日本政府も新疆の人権状況に深刻な懸念を表明し、中国に「透明性ある説明」を求めている。かつて「平和的台頭」を掲げ近隣諸国との協調をうたっていた、中国の姿勢は過去のものになったようだ。どうやらこの国は、近隣諸国やアメリカに対しても、自らの軍事力と経済力を見せつけたくなったらしい。中国を無視すれば痛い目に遭はせようとしている。今後の中国の動向に注視しなければならなくなった。同時に、日本は自前の国防力を強化す...
by Cocoon 本日:0週:4月:16全体:143
未分類

ランの花々 篠崎春彦

ランの花々  桜が散ったと思ったらアットいう間に新緑のシーズンである。ハナミズキの花が風に揺れている。春爛漫とは4月の頃を指すのだろうが、もう初夏の様相である。庭の片隅のエビネが咲いた。例年より3週間ほど早い開花である。 コロナが蔓延している。自粛疲れで気持ちが滅入っている。頼みのワクチン接種はいつになるのだろう。 今回はエビネランを主体にランの花々の画像を紹介する。コロナ禍のなか、少しでも気晴らしになれば幸甚である。「花より団子」の御仁は即、削除願いたい。Youtube画像は約4分。 それにしても、池江璃花子4冠と松山茂樹のマスターズ制覇の快挙は日本国...
by Cocoon 本日:0週:7月:25全体:180
未分類

インド旅行 中村一彦

by Cocoon 本日:0週:6月:17全体:126
ホットニュース

149号

ホットニュース149号 ↑ クリックしてください
by Cocoon 本日:0週:6月:15全体:99
アメリカ・カナダ&南米

アメリカドライブ旅行 篠崎春彦

アメリカドライブ旅行 <マイアミでハリケーンに遭遇 > 先般、ロングステイクラブのオンライン旅行セミナーを受講した。 「アメリカ南部音楽のルーツを訪ねて」と題して、堀 智恵美さんが講演された。 ジャズを生んだ黒人にとってのアメリカの歴史は、われわれの想像を絶する悲惨なものであったこと。人種の壁を乗り越えたエルビス・プレスリーの黒人に寄り添った優しい心など、歴史を掘り下げた造詣の深い講演に大いに感銘をうけた。堀さんは20歳で米国に渡り30年以上、米国に居住し旅のプラン作りやガイドとして活躍されている。旅行業界はコロナの影響を受け大変厳しい状況になっ...
by Cocoon 本日:0週:2月:10全体:145
未分類

ハワイロングスティNo.4 小川鑛一

ハワイ・ロングスティの思い出 No.4 埼玉県 小川鑛一/真喜子 ハワイで仲間づくり【友人ができ教養が身につくホノルル「木曜午餐会」の思い出】 年齢とともに冬の寒さが身に堪えるようになった。寒い12月から1月にかけ、常夏の国ハワイでロングステイを1ヶ月〜1ヶ月半行うようになり7年が過ぎた。その7年間は冬の時期が短く、春はすぐにやってくる感じがし、身体的にとても楽になることを実感できた。ハワイロングステイ初期のころは、ノース・ショア、真珠湾、ダイヤモンドヘッドなどと観光地を訪れるツアでオアフ島内の旅をした。現地で知人ができてからは、その知人が島内ドライブに誘ってくれることも多く...
by Cocoon 本日:0週:1月:3全体:93
タイトルとURLをコピーしました