未分類

東日本大震災10年目をむかえて 篠崎春彦

東日本大震災発生から丸10年の節目を迎えて  2月13日深夜11時過ぎ、福島県沖を震源として最大震度6強を記録した地震が発生した。福島を中心に土砂崩れや家屋倒壊が相次ぎ、150人以上がけがをし、関東・東北の広範囲で停電が起きた。誰もが10年前の東日本大震災の恐怖を思い出したこと...
随筆・挨拶・その他雑記

空撮を楽しむ! その2  篠崎春彦

空撮を楽しむ! その2  私たちはコロナ感染で不安な日々を過ごしています。でも、色々なデータを観測するとコロナ禍の峠は越えて、ワクチンの接種がうまくいけば終息の方向へ向かうものと思われます。やがてコロナの恐怖から解放されることでしょう。 大切なことは、今を...
随筆・挨拶・その他雑記

空撮動画楽しむ! 篠崎春彦

空撮動画を楽しもう!  ここ一両日コロナウイルス感染拡大が若干下火になってきました。しかし、まだ油断できません。LSC会員の皆さんは旅に行けない苦しみを、日ごと味わっていることでしょう。でも、高齢者が感染すると重症化し死亡するリスクが高まります。自らの身を守るためにも徹底した外...
随筆・挨拶・その他雑記

丑年にちなんだ話 篠崎春彦

2021年・丑年にちなんだ話     2021年、今年の干支は「辛丑」(かのとうし)です。「辛」は新しくなること、エネルギーの出現であり、「丑」は芽吹き、伸長の成長など共に似たような意味を持っているようです。今年は「様々な命が誕生し、新たな挑戦をする年」となりそうです。 ...
未分類

「回想」カザフ族・鷹匠の祭典  篠崎春彦

「回想」カザフ族・鷹匠の祭典 今年こそは明るい年という多くの人の願いもむなしいものになった。年明け早々感染拡大に歯止めがかからず1月7日、政府は再び緊急事態宣言を発令した。 高齢者や基礎疾患のある人は重症化しやすいとの報道に、老妻と巣ごもり生活して久しい。TVでは朝から晩までコロナ、コロ...
国内旅行

房総ドイツ村日帰りツアーレポートー東京サロン会(東京を歩く会)

GO TOキャンペーンを利用し、濃溝(のうみぞ)の滝と東京ドイツ村のイルミネーションをメインに、ランチのお寿司と焼き貝食べ放題が付いた日帰りバスツアーが行なわれました。バスは大型の貸切りバスにメンバー23名参加なので、三蜜を避け、二座席に一人と悠々座れました。 新宿西口に10時半集...
未分類

インド少数民族の探訪  篠崎春彦

コロナ雑感 その11 日本で最初に新型コロナ患者が報告されたのは、2020年1月16日、武漢市から帰国した日本人である。正直いってその当時はまだ「中国の奇病」という意識しか無く、日本中の人にとって完全に他人事だった。こんな深刻な事態になるとは誰が想像したであろう。こうした新興感染症は海外から持...
随筆・挨拶・その他雑記

12/6の東京タワーはジャイアンツカラーでした ―東 公子 ー

昨日(12/6)の東京タワー🗼はオレンジ色でした。ジャイアンツ・カラーだそうです。品川方面のサイドに何か書いてありますが、我が家(麻布台)からは反対側なので読めません。ジャイアンツの坂本勇人(HAYATO)選手の背番号6にちなんで12月6日に2000本安打達成祝賀の特別ライトアップだそうです。 品...
国内旅行

わたらせ渓谷鉄道沿線を歩くー亀山孝雄

11月初めの連休の後3泊4日で高校時代同級生3人とトロッコ列車で名高いわたらせ渓谷鉄道沿線を歩いてきました。バスはコロナが怖いので東武電車を利用。紅葉には1週間ほど早かったのですが、公害で名高い足尾銅山の跡を見学することができました。朝鮮人中国人の徴用工墓地、突如辺鄙な田舎に出来た鉱山の街、...
国内旅行

創業1300年の超老舗旅館「法師」・那谷寺へー女性5人グループ(粟津温泉へ)

グルメ旅行終了解散の後、女性5名で石川県の名湯「粟津温泉」に向かいました。途中、那谷寺(なたでら)に立ち寄りました。このお寺は小松市にある高野山真言宗の別本山。ご本尊の先手観世音菩薩像は33年ごとの開扉される秘仏とのこと。今回は岩山洞窟と境内にある琉美園の紅葉を見るためでした。残念ながら紅葉は過ぎて...
タイトルとURLをコピーしました