随筆・挨拶・その他雑記

コスモスの花-加須未来館周辺-  10月10日晴天に誘われてコスモスの花を観賞してきた。場所は老生の隣町、埼玉県加須市にある加須未来館周辺である。 ちょうど花は見ごろ、赤色、白、ピンク、黄色と色とりどりのコスモスの花が咲き誇っていた。美しい農村景観と豊かな自然環境を堪能した一時であった。 加須未来館は、利根川のスーパー堤防建設に当たって土地を提供した見返りとして2001年、国の予算でに開館した。本館は3階建てで、1階より吹き抜けのプラネタリウム施設が半円状の本館端に位置している。 1階は交流ホールとして農産物加工室および地球資産展示室。2階はテラス、調理...
by Cocoon 本日:0週:12月:58全体:58
未分類

シベリア鉄道体験 篠崎春彦

シベリア鉄道体験 コロナ禍で外出がままならない。ステイホームの憂さ晴らし、暇つぶしに相変わらずの、昔話を編集しました。しばしおつき合いただけたら幸いです。 「 シベリア鉄道」なんとなく甘美な響きがあり、旅情を誘うものがあった。ロシア旅行の折、モスクワ郊外のスズダリの丘から望んだ鉄路は、その思いを強くした。 シベリア鉄道は、モスクワからウラジオストクまでを結ぶ全長9,297kmを走る世界で一番走行距離の長い鉄道である。全区間を一度で移動すると7日間もかかる長旅になる。一度で走破することは老体には身体の負担が大きい。そこで、ウラジオストックからイルクーツクまでの4000キ...
by Cocoon 本日:0週:2月:59全体:59
未分類

アンコールワット遺跡の探訪&シェムリアップの思い出       PART 3 最終編 (中村一彦)

いよいよ、今回で最終編PART 3となります。PERT3では拠点となったシェムリアップの街の様子等を纏めて見たいと思います。音楽を聴きながらご覧下さい!                                 音楽は下記の▶印をクリックしてください この旅はシェムリアップのホテル「ル・メリディアンアンコール」を拠点として探訪しました。 PART 1でご紹介したようにシェムリアップは、カンボジアの主都「プノンペン」から飛行機で北北西に約1時間の距離にあります。人口は14~15万人の都市です。 泊まりごごちのよいホテルでした。中庭...
by Cocoon 本日:0週:8月:29全体:29
国内旅行

権現堂の彼岸花 篠崎春彦

by Cocoon 本日:0週:3月:125全体:125
未分類

権現堂の彼岸花 篠崎春彦

幸手権現堂の彼岸花   埼玉県幸手市の権現堂公園は、春の桜や菜の花、初夏の紫陽花、冬は水仙が、それぞれ見事です。秋の彼岸花(曼珠沙華)もまた素晴らしい景観です。敬老の日、約500万本の彼岸花を鑑賞に行きました。家から車で10分あまりの距離にあります。赤!赤!赤! まるで赤い絨毯を敷き詰めたような幻想的な空間でした。 ******************************************************************************* 1920年、権現堂堤(利根川の支流である権現堂川の堤防)の延長6キロメート...
by Cocoon 本日:0週:2月:5全体:5
未分類

アンコールワットの探訪/シェムリアップの思い出            PART Ⅱ

PART Ⅱは メインテーマのアンコールワットです。 日が昇る前、暗いうちにホテルを出発して、夕方西に日が沈むまでアンコールワットを見学しました(埼玉県 中村一彦) 朝、暗いうちに、眠たい眼をこすりながらバスでホテルを出発。太陽は、アンコールワットの背後から昇ってくる。前に、蓮池があって、水面に逆さアンコールワットが写し出される。蓮の花が綺麗に咲いている。 アンコールワットが最も映える太陽が昇る直前の景色 ご来光を一目見ようと大勢の人がどこからともなく集まって来た。 アンコールワットの前にある蓮池が綺麗 蓮の花 ...
by Cocoon 本日:0週:3月:14全体:61
未分類

ゲイとレズビアンの祭典 バージョン2 篠崎春彦

ゲイとレズビアンの祭典 
by Cocoon 本日:0週:1月:11全体:29
未分類

ゲイとレズビアンの祭典 篠崎春彦

ゲイ&レズビアンの祭典(ハッピー・マルディグラ)  10数年ほど前になるがオーストラリアのシドニーに長期滞在した。 目的は異文化体験と語学研修である。語学学校のクラスメイトは韓国人、中国人(台湾)、スペイン人、スイス人、トルコ人、そして日本人と国際色豊かであった。生徒は20歳前後の若者が中心で、さすがに60歳を過ぎた物好きはいなかった。その分、講師陣はじめクラスメイトから、大変親切にしてもらった。心を開いて明るく素直に接すれば、年寄りとて尊敬される。なんといっても、人生経験が豊富で、教養の程度?が若者とは違うからだ。時には悩みごとの相談相手になったりした。結局のとこ...
by Cocoon 本日:0週:1月:4全体:84
未分類

   アンコール遺跡の探訪・シェリムアップの思い出  

アンコールワットを訪れた方も多いと思いますが、コロナの蔓延で海外旅行に行かれない今、写真を見ながら懐かしく思いだして下さい!コロナが収束したら、もう一度ゆっくり滞在して、歴史に浸ってみたいと思います。(埼玉県 中村一彦) PART 1、PART 2、PART 3 に分けてご報告いたします。 1)フライト 2017年1月21日      10:50 成田発 NH0817      空路 カンボジア主都プノンペンへ           15:40 プノンペン着    約6時間50分の快適な飛行時間でした。 プノン...
by Cocoon 本日:0週:1月:1全体:79
未分類

南極半島クルーズの旅 湯川久子

南極半島クルーズの旅 神奈川県 湯川久子 これは21年も前の旅行記です。その後に変わったのは基地の姿や、そこに勤務していた人々の人生、それに20年は生きていると言われるペンギンも入れ替わったことでしょう。 しかし、自然そのものの姿は変わることはないと思います。2000年1月13日~30日の「白い大陸、南極半島クルーズの旅」の記録です。 1月13日 午前12時  成田空港よりニューヨーク・ケネディー空港へ  飛行時間12時間15分 時差-14時間 午後6時   アルゼンチン航空にてブエノスアイレスへ  飛行時間10時間55分 時差+2時間 1月14日...
by Cocoon 本日:0週:1月:2全体:126
タイトルとURLをコピーしました