ディズニーシーの夜景ー 才野勝裕

ticket2

チケット(表)

ticket1

チケット(裏)

ディズニーシーのプライベート・イブニング・パスポートを長男から2枚もらったので10年ぶりにディズニーリゾートに出かけてきました。チケットを見ると講談社プライベートナイト招待券となっていて11月6日19:30~22:30と記載されていた。

ディズニーシーは東京ディズニーランドの隣接する同じ系列のテーマパークで、我が家から車で7~8分でいける距離にあります。電車だとJR京葉線の新浦安駅からひと駅お隣の舞浜駅で下車、目の前のモノレール(リゾートライン)に乗り換えて立ち並ぶリゾートホテルやディズニーランド園内を車内から見ながら約10分乗車、海岸に近いディズニーシーステーションで降りると目的地到着です。

monorail1
モノレールはGoToトラベルでやってきた東京ディズニーランドの周りのホテル客の乗車が中心なのか、それでも3割程度の乗客が乗っていました。OneDayチケットで1日中乗り降り自由なのでコロナ以前は終日ほぼ満席で運行していたのが嘘のようである。

講談社招待客のみの来場なのでエントランス前でのチェックはあまり混んでいなかった。金属探知ゲートと手荷物検査、手指消毒、マスク着用、体温チェックで簡単に通過。エントランスを入るとホテルミラコスタ前の大きな地球儀のライトアップが印象的だった。

乗り物やイベント、パフォーマンスなどは平常通りのようだったが、運行回数や演出回数は大幅に間引かれていた。案内役のスタッフや操作係員は全員マスクと白い手袋姿で違和感はあるが、やむ得ない。その応対はいつも通り親切丁寧でした。

浦安市で一番高い山「プロメティウス火山」とレストラン広場


記念グッズを売るショップも人影はまばらでした。

きらびやかにライトアップされた数々の建物や海賊船や遊興施設、レストランを見て、この人数では電気代にもならんだろうなあと余計な心配をしながら広い園内を散策。夜のことだから広い園内ではどこにいるのか自分の位置を知るのが大変。1時間もいると、興味を引くイベントもないし、特にすることもないのでもう帰ろうかということになった。結局、JR新浦安駅前の美味しい和食料理店で遅めの夕食を済ませて帰宅。何とも締まらないお話でした。

 

 

 

 

+4
タイトルとURLをコピーしました